最新の墓地情報まとめ

墓地の管理にボランティアを募集している訳。

墓地の管理にボランティアを募集している訳。 墓地や霊園の管理をするのに一般的には、それぞれの霊園を運営している団体が行なっているケースが多いです。
例えば、公営の墓地霊園ではその住所のある地方自治体が管理し、利用者は割安な料金設定で済んでいます。
次に私営の霊園では宗教法人や公益法人です。
少し料金は高くなりますが、こちらは交通の便が良いところに設置したり、バリアフリーな設計で平坦な場所にあることが多いです。
そして寺院墓地は、その寺院になります。
こちらの場合は、普段から身近にお寺の住職が敷地内におりますので非常に安心出来ます。
問題があるのが、特に公営の墓地の維持ですが、安く料金を設定していることから、共用スペースの清掃や敷地内の雑草のお手入れなど、満足する形で運営できていないところが多いのが実態です。
そのためボランティアの方々にも協力を頂きながら、長期にわたり継続して運営出来るように地方自治体とボランティアの方々が、連携して施設運営をしていくという状況になっています。

墓地の管理が出来ない場合は業者に外部委託する方法も

墓地の管理が出来ない場合は業者に外部委託する方法も 墓地を購入してから、お墓参りに行くことが出来なくなってしまったという方には管理してくれる業者に依頼するという方法があります。
一般的に維持費を支払っていれば墓地はある程度の環境は保たれますが、それでも遠くに引っ越してしまうなど頻繁に通うことが出来なくなってしまった場合には、お金を支払って専門業者に依頼することでよりきれいな状態に保ってくれます。
こうしたサービスは便利屋などでも行っていますし、墓参り代行などを行っているサービスを利用するのもおすすめです。
定期的に利用できるよう年間契約にしても良いですし、いけない時にスポットで依頼することもできます。
墓地は購入してからも維持や管理にお金や手間がかかります。
こうしたことを考慮して買う場所や広さなどを検討するのも重要です。
特に維持費については長く続くものですので、色々なところを比較してお得に使うことができる墓地を選びたいという方は増加傾向にあります。

新着情報

◎2019/12/12

様々な墓地のスタイル
の情報を更新しました。

◎2019/8/22

カラスに荒らされる理由と対策
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

最適な墓地を選ぶの基準
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

経営と管理の法律上の違い
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

管理には手間がかかる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 ボランティア」
に関連するツイート
Twitter

石留石材は、『地管理サポート事業』を開始しました。 地域のボランティアが管理・運営している「共同地」は、管理の担い手不足が深刻化しています。同社が地域と協力して地管理の下支えをする新たな取り組みです。

内申目当てでボランティアすることになったけど、内容が俺だけ清掃だったンゴ

アルバイトで学生入れるとか? 予算的に無理か。 学生にボランティアで経験積ませるにも、金が出ないとそもそも集まらんやろうしなぁ。古墳も古代も甕棺も含めて1000基以上の遺物整理とか地獄やね。

返信先:ご返信ありがとうございます。私は北海道の縄文遺跡、キウス周堤群でボランティアガイドをしています。 今回、南の縄文の代表の上野原遺跡を訪ね、素晴らしさを実感しました。また、いろんな催しなどを通じて子供達に縄文の世界を伝える活動も感じ入りました。また機会があれば訪ねたいと思います。

親のお墓を検討したところ 個別埋葬で5万で40年間(維持管理費無し) 樹木葬で永代供養して頂ける 鎌倉時代からある慈善ボランティア団体の お寺様がありましたので 父、母共にそこと契約させていただきました これで今後の事で悩まされる事はないな