最新の墓地情報まとめ

墓地の管理者によって違ってくる利用料金の内訳

墓地の管理者によって違ってくる利用料金の内訳 墓地の管理は大きく分けて、寺院、公営、民営の3つあり、それぞれで違ってきます。
寺院はさらに、寺院境内の場所と寺院の外の比較的大規模な場所の二種類に分類されます。
どちらも寺院の檀家として属し、金品を寄進する会員のようなものになることが必要です。
中には檀家料や離檀料として高額請求をしてくる場合があるので注意します。
檀家となることがステイタスになるような寺の場合は、墓地の整備などに充てられる年間の維持費が10万円にまで跳ね上がることがあります。
年間維持費が高いと、葬儀の時のお布施も高額になる傾向にあります。
公営は地方自治体が管理していて、他と比べると利用料が安くなっています。
宗教の規定やどのような墓を建てるかについても自由なところが多いので、特に交通アクセスの便利な所は人気を集めています。
年間維持費は数千円という所もあります。
民営では管理しているのが宗教法人や公益法人です。
他の所と比較すると利用料金が高めのところが多いです。
設備が充実していればいるほど、年間の維持費は高くなります。
墓地のことで誰に相談すればよいかわからないときは、まず地方自治体に相談するようにします。
墓地については自治体への報告義務があるためです。

墓地の管理は有志に限らずみんなで協力しあうのが一番です

墓地の管理は有志に限らずみんなで協力しあうのが一番です 墓地の管理は結構大変です。
雑草は夏そのままにしておくと草丈も伸び、樹木が多い所では秋から冬にかけての落葉が墓石を覆い汚したり、または害虫の巣になってしまう恐れがあります。
定期的に掃除が出来ればそれに越したことはありません。
しかし、なにかと忙しい現代の生活では、お盆や春秋のお彼岸の時期に掃除に行くのがせいぜいという人が多いのも事実です。
墓地の掃除や管理は、所有者がめいめい責任を持って行うのが一般的ですが、墓地全体の環境を良好に保つためには、協同して整備を行うのがおすすめです。
この場合有志のよるのではなく、墓地の所有者が全員参加を義務付けて、大規模で全員が集まれないというなら、せめて一定の区画を決めてその区画の全員とすればよいです。
墓地の共同管理費用として千円とか2千円とか徴収し、全員でその区画を掃除することにすれば、お互いの顔を見ることもでき、久しぶりに会う人と旧交を温める機会になります。
また、体力や年齢的に自分だけでは無理なことも、お互いの支えあいで解決できます。
有志ということにすると、たいていは同じ人のみが参加することになってしまい、不公平感が生まれてしまいます。
どうしても参加出来ない事情がある人でも、定められた費用だけは負担してもらうことにして、不在の人のお墓はみんなで綺麗にしてあげることんにすればお互い様ということになります。

新着情報

◎2019/12/12

様々な墓地のスタイル
の情報を更新しました。

◎2019/8/22

カラスに荒らされる理由と対策
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

最適な墓地を選ぶの基準
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

経営と管理の法律上の違い
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

管理には手間がかかる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 利用」
に関連するツイート
Twitter

光同士のバトルはブロッカー並べてもスパーク系の呪文で一気に無力化されるし、闇同士はハンデスや破壊除去を墓地利用に使われるし。光も闇も同文明相手が一番相性悪いな

墓地利用見すぎても他に勝てなかったら意味ないしね....

墓地対増えるだけだから墓地利用流行るな(暴論)

予言が的中した時にドヤるためにナミ禁止が私怨とかじゃない事を書いておこう ナミが存在することで青いカードのデザインに以下のような制限がかかる事が問題かなと思います ・捨てルーターが作れない ・墓地利用が作れない ・CIP使い回しギミックが作れない 「環境での立ち位置が~」は副次的な理由

エクストラデッキは墓地に送る弾としてしか利用しないみんな〜!